実践企業紹介

2020.08.27

株式会社あしたのチーム

  • #フレックスタイム
  • #短時間労働
  • #テレワーク
  • #勤務間インターバル
  • #朝型の働き方
  • #在宅勤務
  • #年次有給休暇の計画的付与
  • #記念日等年次有給休暇
  • #連続休暇
  • #リフレッシュ等休暇
  • #IT導入
  • #ペーパーレス
  • #コミュニケーション改善
  • #オフィス改善
  • #会議改善
  • #集中対策
  • #女性活躍
  • #若手活躍
  • #イクメン
  • #育児・介護との両立
  • #外国人雇用
  • #障がい者雇用
  • #イクボス
  • #スキルアップ
  • #キャリアアップ

働き方改革を取り組んだきっかけ

人事サービスを取り扱っている会社として、自ら背中で見せることが重要だと考え、取り組みをスタートさせました。働き方改革を推奨する会社としても、常にこだわっている部分でもあります。上場を目指していることも1つのきっかけになったと思います。

取り組んだ施策

◆「宣言企業」時の今後の目標
本当の意味で「自立型組織」の確立。 例えば、IT活用を含めたフルリモート、フレックスの実現など。

◆施策
・フレックス制度のコアタイムの緩和
・リモート制度の導入

働き方改革で苦労したこと

スピード経営の中でこれまでもいろんな施策にスピーディかつ臨機応変に取り組んできました。変化に強く、柔軟な社員が多いこともありますし、元々ITツールを使いこなしてオンライン営業、会議等も行っていましたので、そこまで大きな苦労はなかったと思います。唯一挙げるとすると、残業時間の抑制には少し苦労したかもしれません。

残業時間の抑制(=生産性アップ)のための施策としては以下を実践しています。
①月間の業務の工数・時間の見積もりを行い、月初に残業時間の申告を行う(経営会議での決議事項とし、承認ハードルをあえて高く設ける)
②自身の生産性を上げるためのベストな働き方を選択できるようにした(フレックス・リモートの頻度もすべて各自の裁量で決定。一定期間、全社員で原則リモート・原則出勤の両パターンを実践し、検証した結果を反映)。

働き方改革で得られた成果・効果

・モチベーションクラウド(従業員満足度調査)のスコア向上:従業員の期待度と満足度及びモチベーションがアップ。
・宣言企業時の目標であったフレックス制度とリモート制度導入により、残業時間の削減。
・働く環境に左右されることなく仕事の成果にコミットできる体制構築を実現。

今後、目指していきたいこと

今後はジェンダーギャップ解消をゴールに、ダイバーシティをより推進していきます。

【ダイバーシティ推進のビジョン】
様々な価値観と能力を活かし、高いレベルで成果を出し続ける、中小企業のお客様が目指したくなるようなチームに!

◆重点課題
・チーム開発
∟多様な雇用形態・専門性との協働
∟一体感を持ったチーム作り
・ワークスタイルイノベーション
∟空間的制約解消
∟時間的制約解消

企業概要

会社名 株式会社あしたのチーム
創業 2008年9月25日
従業員数 200名